FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2弾完成

遅くなりましたが第2弾完成!

新しいカード結構調べるの苦労なので、知ってるありったけのカードでとりあえず作成。

VHD(viral hand destruction)ウイルスデッキ破壊
相変わらずネーミングセンスねー・・・

CGI形式

闇の仮面
闇の仮面
クリッター
メタモルポット
魂を削る死霊
魔導雑貨商人
魔導雑貨商人
魔導雑貨商人
混沌の黒魔術師
可変機獣 ガンナードラゴン
可変機獣 ガンナードラゴン
可変機獣 ガンナードラゴン
冥府の使者ゴーズ
D-HERO ディスクガイ
ダーク・アームド・ドラゴン
ダーク・アームド・ドラゴン
ダーク・アームド・ドラゴン
終末の騎士
終末の騎士
光の護封剣
死者蘇生
大嵐
サイクロン
早すぎた埋葬
貪欲な壺
貪欲な壺
封印の黄金櫃
アームズ・ホール
アームズ・ホール
聖なるバリア-ミラーフォース-
死のデッキ破壊ウイルス
グラヴィティ・バインド-超重力の網-
激流葬
魔のデッキ破壊ウイルス
魔のデッキ破壊ウイルス
魔のデッキ破壊ウイルス
闇のデッキ破壊ウイルス
闇のデッキ破壊ウイルス
闇のデッキ破壊ウイルス
リミット・リバース
リミット・リバース
リミット・リバース

詳細については以下続きを読むから↓
基本的には初手から何らかのウイルスが来て、手札を拝んでやろうというデッキ。
あわよくば捨ててしまえと。
その勢いで、打点のあるガンナー、アームドで押していくデッキ。
なるべく事故らない様に組んだつもりです。
どの環境でも手札を拝められるのは誰でも嫌なはず。
そのため、餌となる優良カードを投入。
ウイルスもフル投入です。
初戦後攻、宣告、賄賂、お触れ、ショッカーは基本無視で・・・
そんなこと考えてたらデッキ組めませんので

以下、説明

1.《死のデッキ破壊ウイルス》の餌

・《闇の仮面》
 優良なウイルス回収野郎。場合によっては《聖なるバリア-ミラーフォース-》、
 《激流葬》、《グラヴィティ・バインド-超重力の網-》等拾ってこれる。

・《クリッター》
 説明するまでも無い。《リミット・リバース》でも蘇生できるので、文句なしに採用。

・《魂を削る死霊》
 こちらも同様。《リミット・リバース》で生き返らないのが残念だが、ピンチのときの
 壁としてはかなり優良。ハンデスもできるので採用しない手は無い

・《D-HERO ディスクガイ》
 この手のデッキはどうしても手札事故が起こりがち。そのため、AE軸の採用となった。
 1.《終末の騎士》で《D-HERO ディスクガイ》を墓地に送る。
 2.《リミット・リバース》、《死のデッキ破壊ウイルス》セット
 相手ドローフェイズに《リミット・リバース》発動で相手初手《大嵐》にも対応できる。
 (チェーンで《死のデッキ破壊ウイルス》発動すればいいので。)
 結構決まります。

2.《魔のデッキ破壊ウイルス》、《闇のデッキ破壊ウイルス》の餌

・《混沌の黒魔術師》
 言わずもがな。デッキの枚数上、現時点で《D・D・R》を投入できなかったのが残念。
 というか、調整して起用したい。《終末の騎士》で捨てて、《死者蘇生》されないような
 プレイングを心がけること。

・《可変機獣 ガンナードラゴン》
 アドバンスなしでセットできる強みがあるこのデッキには優良カードである。
 単体では扱いにくいが、対応ウイルスが6枚あるため、意外と腐らない。

・《冥府の使者ゴーズ》
 ちょっとデッキにあっていない感じがするカード。このデッキはセットすることが多いので、
 うまく使いこなさないと、永遠に出せない。
 ちょっと強引にもウイルスと餌セットで攻撃にチェーン発動などで使いこなすかという感じ

・《ダーク・アームド・ドラゴン》
 素材が闇のため、入れないわけ無い。しかもこいつも餌になります。
 ある意味インチキですね。

3.その他のカード

・《メタモルポット》
 こいつは人の好みによる。おれ自身あまり好きではないカードだが、
 このような事故デッキには入れてもいい。ウイルスでアド取り返せますので。

・《魔導雑貨商人》
 墓地肥やし&ウイルス回収。投入に悩んだカードその2である。
 《ダーク・アームド・ドラゴン》の調整がしにくいためである。
 しかし、事故という相手に勝つためには投入しないとやっていけない。
 《貪欲な壺》、《リミット・リバース》で調整を。

・《終末の騎士》
 AE軸に欠かせないカード。《おろかな埋葬》と悩んだが、落とすカードがすべて闇
 そして、モンスター不足のため投入。プレイングには注意を払って。

・《光の護封剣》
 事故防止カードその1。時間稼ぎ用

・《死者蘇生》、《大嵐》、《サイクロン》、《早すぎた埋葬》
 説明することもありません。

・《貪欲な壺》
 餌不足を防ぐため。《魔導雑貨商人》との相性は言わずとも。

・《封印の黄金櫃》
 事故防止カードその2。事故防止カードを引っ張ってきましょう。

・《アームズ・ホール》
 AE軸用。手札補強にはこれしかない。

・《聖なるバリア-ミラーフォース-》、《激流葬》
 説明することもないその2。

・《グラヴィティ・バインド-超重力の網-》
 事故防止カードその3。5050のような感じで使っていただけると。
 《ダーク・アームド・ドラゴン》、《大嵐》などで破壊した後に攻める

・《死のデッキ破壊ウイルス》
 デッキの要その1。主に現環境で対策できるのは、ライロ、剣闘獣、ダムド、シンクロ、
 ハイビートとオールマイティに対策可能。

・《魔のデッキ破壊ウイルス》
 デッキの要その2。主な対策デッキは猫シンクロ、バーンモンスター、ガジェットなど。
 ライロ、剣闘獣にあまり効かないのが残念。デッキを見極めて、サイドに引っ込めましょう。

・《闇のデッキ破壊ウイルス》
 デッキの要その3。主な対策デッキは、ほぼすべて。一番はチェーンバーン。
 使ってみると意外に強い。初めのターンで決まると爽快の一言。
 そういえば最近チェーンバーン見ないわ。ショッカーの復活でかな?

・《リミット・リバース》
 主な餌は《クリッター》、《D-HERO ディスクガイ》。
 困った場合は《闇の仮面》、《メタモルポット》という選択肢も。
 まぁ、よほどのことが無い限りは。

■主なメンテナンス

・最近流行の《緊急テレポート》→《クレボンス》型。デッキに空きがあればいいのだが。

・《ネクロ・ガードナー》の採用。せっかく《終末の騎士》、《魔導雑貨商人》いるので。
 《ダーク・アームド・ドラゴン》の調整にも役立つし。事故防止にも多少なる。
 そういえば《リミット・リバース》での蘇生も可。書いてみたらいろいろ使えるしー。
 考慮の余地かなりあり。

・AE軸の不採用
 現時点でほかの方法が考え付かないが、もっと少ない枚数で回らないか検討中。
 何かあれば知識を分けてください。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。